ここから本文です

HIS連結決算、旅行事業は営業利益57%増で好調、ハウステンボスは訪日客減少で減収減益

9/2(月) 13:03配信

トラベルボイス

エイチ・アイ・エス(H.I.S.)が発表した2019年10月期第3四半期(2018年11月~2019年7月31日)の連結業績は、売上高が12.4%増の5737億1700万円、営業利益が18.1%増の113億4800万円、経常利益が8.7%増の112億6800億円で増収増益になった。四半期純利益は44.0%増の64億9500万円。

セグメント別では、旅行事業は売上高が12.6%増の5122億7500万円、営業利益が57.3%増の81億6700万円で増収増益。グアムや韓国など主力方面が好調だったことに加え、添乗員付きツアーを強化したイタリア、人気アニメとのタイアップツアーを開始したシンガポールがも好調に推移。チャネル別では、オンライン取扱のうち航空券と宿泊のセット商品が大きく伸びた。海外では、ミキグループやレッドラベル・バケーション(RED LABEL VACATIONS)といったグループ会社の伸長が業績に寄与した。

一方で、ハウステンボス事業は売上高が7.0%減の201億9200万円、営業利益が25.7%減の37億1700万円で減収減益に。ゴールデンウィーク10連休の効果はあったものの、訪日観光客の減少や場内メンテナス経費の増加などが影響した。

また、同社が第3の柱に位置付けるホテル事業は、「変なホテル」の軒数増加と既存ホテルの安定的に稼働により、売上高は3.0%増の94億2700万円と順調に推移。営業利益は同第3四半期連結会計期間に一括してバランスシートの健全化を図った関係で、93.1%減の5700万円で減益となった。

トラベルボイス編集部

最終更新:9/2(月) 13:03
トラベルボイス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事