ここから本文です

ワコール、京都に5軒目の宿泊施設、築95年の西陣織商家の町家を改修、デザインは「ミナペルホネン」の皆川氏

9/2(月) 13:21配信

トラベルボイス

ワコールは、同社が展開する宿泊施設「京の温どころ」の5軒目となる「京の温どころ 西陣別邸」を2019年10月1日にオープンする。

西陣織の商家が賓客のもてなしのために建てた築95年の京町家をリノベーションしたもので、人気ブランド「ミナペルホネン」の皆川明氏と建築家の中村好文氏がディレクションを担当。現代生活に京都で滞在する楽しみが得られるアイディアを盛り込んだのが特徴で、例えば、ワインセラーのあるキッチンに町家の構造を生かした吹き抜けのダイニングなど、京都の食材を選んで料理し、京都らしい空間で食事が楽しめるデザインとした。

間取りは1階にキッチン&ダイニングとカフェスペース、和室2室、中庭、風呂、トイレなど、2回にベッドルーム2室とライブラリーなどを置き、最大定員は8名で宿泊料金は1泊15万円。9月2日に予約を開始する。

トラベルボイス編集部

最終更新:9/2(月) 13:21
トラベルボイス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事