ここから本文です

懲戒免職の元市職員 窃盗容疑で告訴 岡山・浅口市、職場の金庫から10万円

9/2(月) 19:49配信

山陽新聞デジタル

 岡山県浅口市は2日、同市教委事務局の金庫から現金10万円を盗んだとして、市教委生涯学習課の元男性主事(26)=懲戒免職=を玉島署に窃盗の疑いで告訴したと発表した。同署は同日付で受理した。

 市などによると、男性は7月6日午後6時ごろ、課長の机にあった鍵を使って金庫を開け、市内のスポーツ少年団に贈る激励金として保管されていた10万円を盗んだ疑い。

 男性主事が全額を弁済したため見送っていた告訴に踏み切ったことについて、中野留美教育長は「男性が過去にも同課で不適切な金銭の処理をしていた疑いが出てきたため」と説明した。今後、調査を進め、被害があれば再び告訴する方針。

 会見した栗山康彦市長は、市長と松田勝久副市長、中野教育長の給料を10~12月の3カ月間、10%減額する条例案を開会中の9月定例市議会に提出する考えを示した。

最終更新:9/2(月) 19:49
山陽新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事