ここから本文です

DeNA-阪神は落雷のためノーゲーム 初回一時再開も1球で再び稲光

9/3(火) 19:13配信

デイリースポーツ

 「DeNA(落雷ノーゲーム)阪神」(3日、横浜スタジアム)

 DeNA-阪神戦が、落雷のため、ノーゲームとなった。

【写真】確かに怖い…イナズマが夜空に走るスタジアム

 試合は1回裏。阪神の先発・青柳が1番の神里を空振り三振に取ったところで、落雷の影響で稲光が起きた。これを見た球審の佐々木審判は、グラウンドの選手にベンチへと戻るように指示。約5分間、試合が中断され、グラウンドにはシートも敷かれた。

 それでも、雨が落ちることもなく、試合再開。だが、続くソトの打席で1球投げ終えると、再び稲光が。再び佐々木球審がタイムと取って、4審判の協議後に中断を指示。球場には「落雷の危険性があるため、試合を一時中断させていただきます」とアナウンスされた。

 稲光はその後も続き、19時過ぎに佐々木球審がノーゲームを宣告した。阪神は初回に球団最多安打まであと3本と迫っている近本が中前打を放ったが、ノーゲームとなったため記録には残らない。

最終更新:9/3(火) 20:14
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事