ここから本文です

高校サッカー、松本暁司氏が死去 「赤き血のイレブン」モデル

9/3(火) 19:24配信

共同通信

 漫画「赤き血のイレブン」のモデルになった高校サッカーの強豪、埼玉・浦和南高元監督の松本暁司(まつもと・ぎょうじ)氏が2日午前0時38分、心臓疾患のためさいたま市の病院で死去した。85歳。さいたま市出身。葬儀・告別式は8日午前10時半から、さいたま市浦和区駒場2の3の4、蓮昌寺会館で。喪主は長女宍戸初穂(ししど・はつほ)さん。

 現役時代はGKで日本代表歴もある。指導者として浦和南高を強豪に育て上げ、1969年度には全国高校選手権、全国高校総体、国民体育大会を制し、史上初めて高校3冠を成し遂げた。教え子に日本サッカー協会の田嶋幸三会長らがいる。

最終更新:9/3(火) 19:49
共同通信

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事