ここから本文です

【動画】西~東日本 急な強い雨や雷雨に注意 台風13号先島諸島接近へ 早めの対策を(3日7時更新)

9/3(火) 7:50配信

ウェザーマップ

 きょう(火)は、東日本や西日本は晴れていても、天気の急変に注意が必要です。午後はあちらこちらで雷雨になって、局地的には非常に激しく降る所もあるでしょう。また、台風13号はあす(水)からあさって(木)にかけて、沖縄の先島諸島に接近する見込みです。早めの対策が必要です。


 きょう(火)は、北陸や東北南部は前線の影響で雨が降ったり止んだりとなり、雨脚の強まる所もあるでしょう。その他の西日本や東日本は、午前中は晴れ間の出る所が多くなりますが、午後は急な強い雨や雷雨に注意してください。気温の上がる午後は雷雲が発達しやすくなり、山沿いで雨雲が湧きだすでしょう。夕方以降は関東など平野部でも雷雨が起こりやすくなります。晴れ間の出る所でも、雨具を持ってお出かけください。局地的にはザっと雨が強まり、非常に激しく降るところがあるでしょう。竜巻などの突風やひょうにも注意が必要です。
 北海道は晴れてカラッとした秋の陽気になりそうです。

 日中の気温は関東から西では30℃を超える所が多く、名古屋は34℃、大阪は33℃など、猛烈な暑さになりそうです。湿度も高く蒸し暑いため、熱中症にも注意してください。

 きのう(月)発生した台風13号は、発達しながら北上し、あすからあさってにかけて石垣島などの先島諸島にかなり接近する見込みです。沖縄ではきょうから風が強まってくる見込みで、特にあす以降は暴風や高波に警戒が必要です。あすは、瞬間的には40メートルの暴風が吹き荒れ、海は大しけとなるでしょう。早めの対策をしてください。
 台風はそのあと九州の西の海上を北上する見通しで、その他の地域にも影響が出るおそれもあります。今後の情報にも注意が必要です。

 また、きょうの午前3時に、新たに台風14号が発生しました。このあとは南シナ海を東寄りにゆっくり進む見通しで、こちらも今後の情報に注意が必要となります。
(気象予報士・及川藍)

最終更新:9/3(火) 7:50
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事