ここから本文です

中国OTA大手「シートリップ」が愛知県と連携、訪日外国人の誘致促進で観光コンテンツの開発など

9/3(火) 16:11配信

トラベルボイス

中国オンライン旅行大手のシートリップ(Ctrip)はこのほど、訪日外国人の誘客促進で愛知県と協定を締結した。同社はこれまで、北海道、横浜市、高知県との間で同様の協定を締結している。※写真は協定締結式の様子。右からシートリップCMO孫波(ソン・ハ)氏 、愛知県知事 大村秀章氏、シートリップグループ 日本代表 蘇俊達(ソ・シュンタツ)氏。

両者は今回の協定を通じて、中国などに向けた県の観光情報の発信やプロモーション、観光コンテンツの開発を実施。また、外国人旅行者の受け入れ環境整備や県内観光関連事業者に向けた支援を展開。さらに、マーケティング分野でも協力して取り組む方針。

シートリップの最高マーケティング責任者である孫波(ソン・ハ)氏は「中国人旅行者にとって、愛知県はまだあまりなじみがない場所」とコメント。今回の協定によって同県ならではの旅行プランなどを提供することで、中国人旅行者の拡大につなげたいとしている。

トラベルボイス編集部

最終更新:9/3(火) 16:11
トラベルボイス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事