ここから本文です

フェデラーに初勝利のディミトロフ「本当にここまで時間がかかった」。次戦は好調メドベージェフと

9/4(水) 13:28配信

THE TENNIS DAILY

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月26日~男子9月8日・女子7日/ハードコート)大会9日目、男子シングルス準々決勝で、第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)を3-6、6-4、3-6、6-4、6-2で破り、自身初となるベスト4入りを果たした世界78位のグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)。そのディミトロフが、試合後のオンコートインタビューに答えた。

【最新トーナメント表】全米オープン 男子シングルス

冒頭、フェデラーに初めて勝ったことについて聞かれたディミトロフは「本当にここまで時間がかかったと思います。私としてはとにかく粘り、踏ん張ろうとしていました。痛めていた肩も最後までよくもってくれたと思います」と答えた。

ディミトロフはこれまでフェデラーと7度対戦していたが、1度も勝利しておらず、今日が初勝利となった。

また、フェデラーが第4セットが終わったところでメディカルタイムアウトを取っていたが、何か異変に気づいたか、という問いには「第2セットの終わりか、第4セットの長いゲームのあたりで何かおかしいのかも、とは思いました。でも私としてはボールを打ち続けることだけを考えていました。5セットマッチは何が起こるかわかりませんからね」と語った。

準決勝では、第5シードのダニール・メドベージェフ(ロシア)と対戦する。そのことについては「メドベージェフは前哨戦からすごく調子が良いですね。彼とは対戦したこともあり、プレーの内容はよくわかっています。まずはしっかり休養を取って、次の試合に備えたいと思います」と締めくくった。

試合時間は3時間12分のフルセットを戦い抜いたディミトロフ。現地ニューヨークは試合終了時刻が夜の12時近くになるというタフなものだったが、しっかりと休養を取り、メドベージェフとの戦いに備えてもらいたい。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全米オープン」でのディミトロフ
(Photo by Tim Clayton/Corbis via Getty Images)

(c)テニスデイリー

最終更新:9/4(水) 20:20
THE TENNIS DAILY

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事