ここから本文です

【ブエルタ・ア・エスパーニャ 2019】意外性の連続はまさに『カオス』。序盤9日間で首位を走るキンタナ「真のマイヨ・ロホはログリッチェ」

9/4(水) 10:15配信

J SPORTS

まさにカオス。おなじみスペイン特有の険しい道と、シーズン最後のグランツールならではの渦巻く野心とで、ただでさえブエルタ・ア・エスパーニャは面白いというのに、2019年大会の序盤9日間は例年を超える意外性の連続だ。マイヨ・ロホは7回も入れ替わった。これほど連日の首位交代劇が見られたのは、3つのグランツールを通して、2008年ブエルタ以来初めて(8回、全部で9回)。次々と展開の変わる序盤戦をかいくぐり、総合争いで頭一つ抜け出した4選手は、大会1回目の休息日を迎えた時点でタイム20秒差でひしめき合っている。

ブエルタ・ア・エスパーニャ2019 第9ステージ ハイライト

目を疑うような集団落車で、今大会は幕を明けた。初日チームタイムトライアルで、チーム ユンボ・ヴィスマとUAEチームエミレーツの隊列が、地面になぎ倒されたのだ。沿道で子供用ビニールプールが壊れ、流れ出してきた水がコースを濡らしたせいだった。アスタナプロチームがトップタイムを叩き出し、総合大本命ミゲールアンヘル・ロペスがマイヨ・ロホを肩に羽織った一方で、ユンボはジロ→ツールに続く初日ステージ優勝を逃したどころか、早くも40秒を失ってしまう。

このハプニングが、間違いなく、稀に見るほど波乱の総合バトルに火をつけた。なにしろイネオスの3大リーダーは不在で、トム・デュムランは休暇を延長し、ディフェンディングチャンピオンのサイモン・イェーツは開幕直前に出場キャンセル、5月のジロを制したリチャル・カラパスさえも怪我で急遽欠場という……つまりユンボ・ヴィスマにとってはまたとない初頂点獲りのチャンスだった。2019年ジロ総合3位プリモシュ・ログリッチェとツール総合3位ステフェン・クライスヴァイクという2大エースを擁し、強力なアシスト6人と共にスペインへ乗り込んできたオランダ軍団は、翌日から大胆な積極策に転じた。

大会2日目は「平地」に区分されていたはずだ。しかしステージ終盤、ユンボが仕掛けた。黙々と制御に徹していたアスタナ&スプリントチームから、メイン集団先頭を奪い取ると、個人TT世界王者に4度上り詰めたトニー・マルティンが中心になって猛加速。プロトンをずたずたに切り裂いた。この動きに上手く乗じたのが、アレハンドロ・バルベルデとナイロ・キンタナのモヴィスターコンビだ。現役世界王者の急勾配での加速が、ロペスを後方へと振り落とした。最終的に前方へ飛び出した6人の中から、さらに単独で飛び出して……まさかの平地ステージ勝利を飾ったのはキンタナの方だった。ニコラス・ロッシュが6年ぶりにマイヨ・ロホを手に入れ、ログリッチェはたったの1日でロペスとのタイム差を大幅に縮めた。なにより「この先総合を争っていく自信を得た」。

1/4ページ

最終更新:9/4(水) 10:15
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事