ここから本文です

消えゆく「デパートの大食堂」、昭和の香りとテーブルの上に置かれた半券の記憶をたぐり寄せる

9/4(水) 19:30配信

アーバン ライフ メトロ

お子様ランチの発祥は、三越日本橋本店

 デパートに大食堂が初めて日本にできたのは、1904(明治37)年の三越からとされています。しかし前年に白木屋(現在・コレド日本橋)も食堂を始めていますが、これは子ども遊戯室での出店に近いものだったらしいとのことです。

 お子様ランチは1930(昭和5)年に三越日本橋本店の大食堂に子どもが好きなメニューをひとつの皿に盛り合わせた「御子様洋食」が最初です。もちろん旗も立っていました。これは現在でも新館5階の大食堂「ランドマーク」で「お子様ランチ」として提供されています。

 しかし現在、東京や近郊では1フロアすべてが食堂という店舗はありません。レストラン街の一部になっているところが大半です。代表的なものは、

・イセタンダイニング(伊勢丹新宿店本館 7階)
・お好みダイニング カトレヤ(松坂屋上野店本館 7階)
・レストランローズ(日本橋高島屋本館 地下2階)
・レストラン デミ(東急百貨店本店 8階)
・お好みダイニング 八寸八卓(京王百貨店新宿店 8階)
・ファミリーレストラン(丸広百貨店川越店 6階)

といったところでしょうか。 

 デパートの大食堂は姿を消しつつありますが、ファミリーレストランや大規模モールのフードコートに繋がったという見方もできます。デパートの大食堂とは、屋上の遊園地同様に、もはや「昭和」の残り香なのかもしれません。

 デパート自体が、人々の消費性向(可処分所得のうち、どれだけ消費に回しているかを示す割合)の変化の中で苦戦を余儀なくされているように、大食堂が時代の変化を掴むのは至難の業。

 ともあれ、たまにはデパートに赴き、カレーライスやオムライスに懐かしい時代を投影してみるのも、「ノスタルジックで乙なひととき」と言えるのではないでしょうか。

増淵敏之(法政大学大学院政策創造研究科教授)

2/2ページ

最終更新:9/5(木) 6:22
アーバン ライフ メトロ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事