ここから本文です

ジャニーズアイドルを支えた女性たち。戦後のライフスタイルの変遷とは

9/4(水) 14:52配信

ハフポスト日本版

9月4日、ジャニー喜多川氏の「お別れの会」が行われ、大勢のファンが弔問に訪れています。

少子化ジャーナリストで、アイドルファンでもある白河桃子さんは、戦後アイドル史の裏面で支えた、女性のライフスタイルの変化について紐解きます。

----


戦後日本で「男性アイドル市場」を牽引してきたジャニー喜多川氏。お別れの会には、大勢の女性ファンたちが詰めかけ、それぞれの人生を支えてくれたアイドルの生みの親に感謝を捧げました。

ジャニー喜多川さん亡き後のジャニーズ事務所は、一体どこへ向かうのか?日本一かっこいい社長と言われる滝沢秀明社長(子会社「ジャニーズアイランド」社長)の次の一手は…?

芸能の世界では、覇権争いも囁かれています。しかし、その行く先を真に占うためには、ファンである女性たちの「ライフスタイルの変化」にこそ注目する必要があるのではないでしょうか。

「大人のためのアイドル」へと進化

戦後日本でジャニーズのような端正な顔立ちのアイドルがもてはやされること。それは、「権力と金」というマッチョ的な男性の魅力像に一石を投じました。

そして大人が「アイドルに熱狂する」という文化も、ジャニーズ事務所が主導してきたものです。

先日、高校生が「◯◯(あるジャニーズのグループ)は働くお姉さんたちのもの。私たちには手が届かない」というのを聞いて驚きました。彼らが追いかけるのはYouTuberなどお金がかからず楽しめるアイドルで、ジャニーズタレントはライブやグッズ購入など、応援するのにお金がかかるというのです。

男子アイドル史を紐解けば、最初は、ジャニーズのタレントもティーンのアイドルでした。1970年代は郷ひろみさん(ジャニーズ事務所)、西城秀樹さん、野口五郎さんの「新御三家」、80年代は田原俊彦さん、近藤真彦さん、野村義男さんの「たのきんトリオ」(ジャニーズ事務所)と、単独アイドルの時代が続きました。彼らはみんな10代でデビューし、すぐにトップスターへと上り詰めます。その後、シブがき隊、少年隊、男闘呼組、光GENJI……といったグループアイドルの時代へ。

当時のアイドルは『ザ・ベストテン』(TBS系)、『ザ・トップテン』(日本テレビ系)、『夜のヒットスタジオ』(フジテレビ系)、『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)など、毎週のように歌番組に出演。

光GENJIに至っては、88年~92年まで『ミュージックステーション』のレギュラーを務めており、グループとしての冠番組を持たずとも毎週のようにテレビに露出することができたのです。しかしながら「花の命は短し」。人気グループは数年の絶頂期を経て、後輩にその座を譲り渡します。当時のアイドル市場は「新陳代謝」がとても激しいものでした。

そして1991年、SMAPがデビューします。男性アイドル史は、以後、大きな変化を遂げました。

日本の株価が史上最高の3万8915円を記録し、それを頂点に下降して、バブルは「86年12月から91年2月までの51カ月間」と言われています。SMAPのデビューは、そのわずか7カ月後。こうして見ると、SMAPというのは「バブル崩壊」と共に日本に現れ、失われた20年を歩んだグループでもあります。

当時のアイドル歌謡界といえば、89年に『ザ・ベストテン』終了、90年には『夜のヒットスタジオ』終了など、数々のアイドルを生み出してきた歌番組が相次いで幕を下ろし、アイドルタレントの露出の機会が減っていました。

マネジメントサイドは、「今までとは違う売り方を模索しなければいけない」と新しい戦略をとります。バラエティ番組で着ぐるみを着たり、女装したり、コントに体を張る。今ではあたり前ですが、当時としては画期的な「アイドル像」です。

「SMAPは、スター性を手放したがゆえに、逆説的にスター性を獲得したのだ」と言われます。(『SMAPは終わらない 国民的グループが乗り越える「社会のしがらみ」』(垣内出版)より)

1996年のドラマ『ロングバケーション』で木村拓哉さんが大ブレイク。同時に看板番組『SMAP×SMAP』も始まります。月曜の夜9時には「街からOLが消える」と言われる社会現象となりました。大人のファンたちがSMAPを発見したのです。

おしゃれなファッショングラビアでジャニーズの男性アイドルが起用されるのも、アイドル史上に残る出来事です。女性だけでなく男性たちにも「ロン毛」が流行り、SMAPが料理をしたら「料理ができる男=かっこいい」へのシフトが起きました。

こうして、SMAP以降、ジャニーズアイドルのファン層はぐっと「大人」へとシフトしていきます。大人のための長持ちするアイドル像を創出したことで、男性アイドル市場は新しい黄金期を迎えます。

そこから、ジャニーズ事務所はSMAP、嵐という2大国民的アイドルグループを生み出し、不動の長期ビジネスモデルを築いていきます。

1/3ページ

最終更新:9/4(水) 14:52
ハフポスト日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事