ここから本文です

松茸煮やさんま梅煮など入った秋弁当「秋味満載」東海道新幹線で発売 「地域弁当」も

9/4(水) 11:00配信

乗りものニュース

「地域弁当」も販売

 ジェイアール東海パッセンジャーズは2019年8月30日(金)、秋の季節弁当「秋味満載」を9月5日(木)から11月下旬まで販売すると発表しました。

【写真】「地域弁当」の中身

 ご飯にいくら醤油漬けと鮭フレークを、きのこご飯に松茸煮をそれぞれのせるほか、さんま梅煮など秋の味覚を詰め込んだ弁当です。価格は1200円(税込)。東海道新幹線「のぞみ」「ひかり」の車内や、東京、品川、新横浜、名古屋、京都、新大阪駅、「リニア・鉄道館」(名古屋市港区)にあるジェイアール東海パッセンジャーズの各弁当売店で販売されます(一部除く)。

 また、東京地区、名古屋地区、関西地区でそれぞれ「地域弁当」も販売中。詳細は次のとおりです。

●東京地区(東京、品川、新横浜の各駅)
「日本橋 幕之内」:銀鮭塩焼や江戸前海苔入りの餡をかけた焼豆腐など。1200円(税込)。
●名古屋地区(名古屋駅)
「名古屋コーチンのっけお稲荷さん弁当」:名古屋コーチンをのせたお稲荷さんと青しそ風味のお稲荷さんの2種類。750円(税込)。
●関西地区(京都、新大阪の各駅)
「京都御苑 穴子飯と海鮮ちらし寿司」:古代米純米酢を使用した寿司飯と、古代の甘味、米麹糖蜜入りの玉子焼きを用いた弁当。1380円(税込)。

「地域弁当」は、各駅のジェイアール東海パッセンジャーズの弁当売店で購入できます。

乗りものニュース編集部

最終更新:9/4(水) 12:36
乗りものニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事