ここから本文です

平野良、安西慎太郎、神永圭佑 年末祭は「ふざけてるのがいい!」

9/5(木) 15:29配信

チケットぴあ

2011年より恒例の、る・ひまわりと明治座によるコラボ企画「年末祭シリーズ」。2019年末は『明治座の変 麒麟にの・る』と題し“本能寺の変”を描く。W主演の平野良と安西慎太郎、シリーズ初出演の神永圭佑に話を聞いた。

その他の画像はこちら

なんと3人ともが最近「共演したいね」と言い合っていたそうで、配役には驚いたようだ。「2週間ほど前に慎太と「いつか一緒にやりたいね」と飲んでいたので、共演を聞いてドッキリかと思った!」(平野)。「共演できることが嬉しいです。個人的には、サイコパス気味な織田信長という役柄が楽しみですね!」(安西)。

はしゃぐふたりの一方、神永は淡々と「僕なんかが明治座さんに立てるとは思ってなかったのでビックリ。すごくいいお芝居するおふたりと共演できることにも震えました」と静かにコメント。その落ち着きぶりに平野が「年齢ウソついてない?」と驚くと、安西が「しっかりしてるように見えるけど、実はすごく可愛い」と暴露。神永は隣で苦笑いを浮かべた。

上演は二部制。一部では歴史上で最も謎が多いと言われる“本能寺の変”の物語。見どころは「秘密がある」(安西)という点だ。平野も「それぞれに秘密があって、みなさんのイメージする歴史のキャラクターと違う。中国神話に登場する“麒麟”が関連してスケールも大きいし、ファンタジー要素が加わった歴史ミステリーです」と、また神永も「秘密の内容と展開が面白い」と口をそろえる。その“秘密”とは!?

また、第二部は番外編「3.5次元舞台~日本の歴史~」だ。安西は「いつもと違う挑戦。とにかくやってやろう!」と真面目に頷く。平野は「キラキラしたい。キャーキャー言われたい(笑)」と個人の願望を熱弁した。神永は落ち着いた口調で「去年、いい役者になるためには、と悩んだ。でもいろんな方の支えをうけ、より頑張ろうと決めた今年の締めくくりとなる作品だから、食らいついていきます」と語ると、平野は「役者、きっと向いてるよ」とエールを送った。

今回のタイトルについて平野は「中国の神獣・麒麟。歴史ミステリーにファンタジー要素が加わって、スケールが大きい作品。幼なじみがふとした時にめっちゃ可愛く見える瞬間、みたいな作品」と真顔で言い、ふたりが爆笑を返す。終止笑いが溢れ、「楽しんでやろう!」という意欲を感じるインタビュー。年末、舞台でどうぶち上がるのか楽しみだ。公演は12月28日(土)から31日(火)まで、東京・明治座にて。チケットぴあでは9月8日(日)10時より、先行先着を受付。

取材/河野桃子

最終更新:9/5(木) 15:29
チケットぴあ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事