ここから本文です

ANA、消費増税で10月購入分から国内線運賃改定

9/5(木) 13:04配信

Aviation Wire

 全日本空輸(ANA/NH)は、10月1日購入分から消費増税に伴い国内線の運賃や料金を改定する。

 対象は10月1日から2020年10月24日搭乗分で、10月1日午前0時以降の購入分から。今回発表したのは空席連動型の運賃「ANA FLEX(ANAフレックス)」などで、搭乗21日前までなどに購入できる割引運賃「ANA SUPER VALUE(ANAスーパーバリュー)」や「ANA VALUE(ANAバリュー)」は9月下旬に運賃を発表する。

 10月1日の羽田-福岡線の場合、フレックスは空席数に応じて片道3万9200円から4万8000円の設定で、9月5日時点では3万9490円。消費税が10%になる10月1日からは3万9900円から4万8900円の間で変動する。

 9月30日までに予約や購入した場合は、搭乗日が10月1日以降でも、消費税は8%が適用される。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:9/5(木) 13:04
Aviation Wire

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事