ここから本文です

5日朝 大阪府内にいたら音が出る緊急メールを受信「大阪880万人訓練」

9/5(木) 7:02配信

THE PAGE

 「5日午前11時3分ごろ、大阪にいたら携帯電話の着信音が一斉に鳴りますよ」──。地震の発生を想定して「大津波警報発表」を伝える訓練用のエリアメールや緊急速報メールが届く「大阪880万人訓練」が5日午前に行われる。同日午前11時3分ごろには「大津波警報」の発表を知らせる訓練通報の緊急速報メールが、大阪府下の携帯電話に届くという。これは携帯電話をマナーモードにしていても着信音が鳴るもので、府全域向けのメール発信に続き、各市町村からのメールも届く場合もある。自動車運転時などに突然鳴ってもあわてないよう、注意しておきたいところだ。

【動画】5日朝、訓練通報の緊急速報メールが大阪府下の携帯電話に届きます マナーモードにしていてもこの音が鳴ります

5日午前11時3分ごろには「大津波警報発表」を知らせる緊急速報訓練メールが大阪府下の携帯電話に

 訓練は5日午前11時ごろ、巨大地震が発生したとの想定で、地震発生の一報が大阪府庁の館内放送や屋外スピーカーなどで府民に伝えられる。さらに午前11時3分には「大津波警報発表」を知らせる緊急速報訓練メールが大阪府下の携帯電話に届く。

 マナーモードにしていても着信音が鳴り、メールには大阪880万人訓練の訓練通報などと記されたメールが届くようになっているため、この時間に他県から大阪府内にいる自動車運転中のドライバーなどは、突然警報音が鳴っても驚かないように注意しておきたいところだ。

 大阪府では今回の訓練で、突然の地震や津波にどう対処すればいいのか、地震が起きたら机の下にかくれるなどして身を守ることや、地震の揺れがおさまったら津波に備えてすぐ逃げる行動を取れるかなどを考え、訓練で実行してほしいと呼びかけている。

最終更新:9/5(木) 7:02
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事