ここから本文です

大阪・松井市長 政府のIR基本方針案「要請を重く受け取ってくれたのではないか」

9/5(木) 15:40配信

THE PAGE

大阪・松井市長 政府のIR基本方針案「要請を重く受け取ってくれたのではないか」

 大阪市の松井一郎市長は5日午後、大阪市役所で定例記者会見を行い、政府がカジノを含む統合型リゾート施設(IR)の整備に関する基本方針案を公表したことについて「早く具体的な提案をさせてほしいと国に要請をしてきた。その要請を重く受け取ってくれたのではないか」と話した。

【中継録画・ノーカット映像】大阪市・松井市長が大阪市役所で定例会見(2019年9月5日)

「2025年にオープンさせるんだという具体的な日程間の中で、IR事業の推進」

 政府は4日にIRの整備に関する基本方針案を公表し、立地区域の選定基準として「観光客の増加」「地域の雇用創出」「交通の利便性」などの5項目を示している。

 松井市長はこれまで、大阪府・市は2025年にIRの開業予定地とされている「夢洲」(大阪市住之江区)で、2025年に同所で開催される「『大阪・関西万博』」と合わせてIRをオープンさせることで、経済効果、相乗効果を生み出すことができると主張。その工程を考え「2025年にオープンさせるんだという具体的な日程間の中で、IR事業の推進をしていきたい」と述べた。

 また、政府が基本方針案と、大阪府・市がこれまで出していた基本構想案とを比べ、松井市長は「大きな乖離はない」とした。

 IRの立地区域は整備法で「3か所」とされている。政府は来年中にも選定、現在は大阪府・市のほか、横浜市や和歌山県、長崎県が誘致を表明している。

最終更新:9/5(木) 16:12
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事