ここから本文です

EXIT兼近の売春斡旋逮捕報道、吉本興業が公式サイトで抗議

9/5(木) 10:31配信

THE PAGE

 お笑いコンビ・EXITの兼近大樹が過去、売春防止法違反の疑いで北海道警厚別署に逮捕されていたという「週刊文春」の報道を受け、所属の吉本興業は5日、公式サイトに「弊社からの重要なお知らせ」として抗議文を掲載した。芸能人のプライバシー権にまつわる問題は熱愛報道などでもたびたび浮上するが、今回は過去の刑事事件という事が事だけに深刻だ。

吉本興業は公式サイトで猛抗議

 「週刊文春」9月12日号によると兼近は2011年、女子高生の売春の斡旋をしていたとして逮捕されたというが、吉本興業はこれについて同誌発行元の文藝春秋社に対し抗議するとともに民事および刑事上の法的処置を検討していることを明らかにした。

 吉本興業は、「弊社所属タレントに限らず、ある者が刑事事件につき被疑者となり又は有罪判決を受けたという事実は、その名誉又は信用に直接関わる事項として、プライバシー権・名誉権による憲法上の保護を受けることが裁判例上確立しています。そして、その者が有罪判決を受けた後は、更生し、社会に復帰することが期待されているところ、公益を図る目的なしに前科に係る事実を実名で報道することは、不法行為を構成し得る行為とされております」と、今回の報道に抗議。

 さらに、報じられた刑事処分が本人の未成年時におけるものであることから、成人後の犯罪に対する刑事処分よりも報道について一層の留意が必要であると考えられるとも主張している。

新たな人生として芸能活動を続けてきた兼近

 吉本興業としては、「本件記事は、兼近が未成年であり、弊社に所属して芸能活動を開始する前の2011年の時点における事実を、公益を図る目的なく報道するものであり、弊社所属タレントのプライバシー権・名誉権に対する重大な侵害にあたると考えざるを得ません」と見解を述べるとともに、同記事は兼近が刑事処分を受けていない事実についても、あたかも犯罪行為を行ったかのように伝えていると批判。記事掲載前に文藝春秋社に対してこれらの見解を伝えてきたが、結局はまったく考慮されずに記事掲載に至っているという。

 また、兼近に関しては「兼近がその後自らの行為を反省、悔悟し、当時の関係者とは一切の関係を断ち切り更生して新たな人生として芸能活動を続けており、また、上記のとおり未成年時代の前科という高度のプライバシー情報であることも鑑みて特段の公表はせずにおりました。弊社としては兼近が今後も芸能活動を通じて社会に貢献できるよう、芸能活動のマネジメントを通じて最大限に協力してまいります」と、経緯とともに今後の処遇についても説明している。

1/2ページ

最終更新:9/5(木) 10:31
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事