ここから本文です

居酒屋、ホテル、タクシー…9月30日に日付をまたいだら税率どうなる?

9/6(金) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

【消費増税で得するコツ】#4

 “もらえるものはもらう”精神でポイント還元を利用したり、通勤定期券などは駆け込み購入する――。消費増税でトクするコツが、だんだん見えてきた。だが、いまひとつハッキリしないのが、“日またぎ”サービスの税率だ。9月30日のうちに店に入り、10月1日の午前0時すぎに会計したら、どっちの税率が適用されるのか?

■モンテローザグループは朝まで飲んでも8%

 税のプロたちは、「消費税計上のタイミングは資産の譲渡やサービスの提供が行われた時点」と説明する。“日またぎ”は、2日間にわたっているから、コレではらちが明かない。

 たとえば、「白木屋」「魚民」「笑笑」などを展開するモンテローザの場合はこうだ。

「当社の飲食店舗では、9月30日の営業日は(30日夜から10月1日未明にかけて引き続き営業する店舗は営業終了まで)、消費税率8%で会計対応の予定です。従って、30日注文分も1日注文分もいずれも8%で計算します」

 午前0時を過ぎて10月1日に入ってから飲み始めて注文しても、営業終了までは「8%」。うれしいじゃないか。

■ホテルに連泊すると2つが混在!?    

 30日の夜、出張でホテルに1泊。この場合は?

「弊社は30日にチェックインなら税率は8%、10月1日チェックインなら10%です。30日チェックインの予定が1日の午前0時を過ぎてしまった場合でも8%で対応させていただきます」(京王プラザホテル広報担当者)

 連泊のケースはどうか? ワシントンホテルを展開する藤田観光広報部によると――。

「9月30日宿泊、10月1日チェックアウトなら税率8%。宿泊日が起点になります。連泊となると、たとえば、9月30日宿泊分は8%、10月1日と2日宿泊分は10%と、税率が混在します」(担当者)

 宿泊日が起点なのだから、これは仕方ナシか。

■タクシーで午前0時すぎに降りたら? 

 つい飲み過ぎて、午前さま。30日の夜、タクシーをつかまえた。

「弊社は、車が出庫した日付を起点に計算します。通常、タクシーは昼くらいに出庫して翌日の明け方に帰ってきます。この後、別の運転手と交代して翌日の営業が始まります。つまり、9月30日の昼から自分の車に乗った運転手は、会社に戻るまでの間8%。10月1日の午前0時を過ぎても同じです。税率10%になるのは1日に運転手が交代した時点からです」(帝都自動車交通広報担当者)

 まだ決定していない業者もある。乗車前に確認するのが無難か。

■カラオケは入店時間で変わる    

「入店時間で税率が変わります」と言うのは、カラオケ大手、ビッグエコーを展開する第一興商担当者。

「9月30日の23時59分までに入店したお客さまは1日の朝まで歌っても税率は8%。ですが、10月1日に日付が変わり、午前0時すぎに入店すると、税率は10%に。入店時間によって税率は変わります」

 大人数で歌うような場合は、30日のうちに入店すべし。

■高速道路 10月1日午前0時以降に入ると10%に

 NEXCO3社は消費税アップ分を料金に上乗せし、詳細は6日にウェブで発表する予定。現段階では、「9月30日中に高速に乗った場合は出口を降りた日付に関係なく8%」としており、30日中に乗るのが得策。

■すかいらーく 午前0時すぎに一度会計をする

「10月1日の午前0時を過ぎたら、お客さまの入り状況を見て一度会計をしていただき“営業日の変更”を行います。ここまでが8%。これで30日分のレジを締め、再び10月1日分の営業をスタートし、こちらが税率10%になります」(すかいらーく本部広報担当者)

 レジを締める時間は客の混み具合に左右されるため、店によって差があるそうだ。

 ◇  ◇  ◇

 ほかに、コンビニは大手3社とも「最初の商品をバーコードで読み取ったときの税率を適用」としている。深夜の買い物は時計とニラメッコか。

(※各社の返答はいずれも9月3日現在)

最終更新:9/6(金) 9:26
日刊ゲンダイDIGITAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事