ここから本文です

広島・田中がリハビリ開始 表情は明るく…「痛みはないです」右膝手術で5日に退院

9/6(金) 13:36配信

デイリースポーツ

 広島の田中広輔内野手が6日、廿日市市の大野練習場でリハビリを開始した。「右膝半月板損傷」のため8月28日に広島市内の病院で「右膝半月板部分切除手術」を受け、前日5日に退院した。

【写真】どうした田中 連続フルイニング止まった

 この日は、室内で約1時間半、上半身の体幹トレなどを行い、その後は患部付近の治療に時間を当てた。

 8月22日に出場選手登録を抹消された。「チームの力になれず申し訳ない」。シーズン終盤に手術を受けるかについて悩んだものの決断した。

 「痛みはないです」と表情は明るい。今後も大野練習場でリハビリを行う予定。まずは膝の可動域を広げることから始め、ウオーキング、ランニングと復帰への階段を上っていく。一般的には、復帰までは術後3カ月程度かかる見通しだ。

最終更新:9/6(金) 13:49
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事