ここから本文です

阪神・ソラーテ緊急帰阪 谷本球団本部長「不細工と言えば不細工」「大激震ではない」

9/6(金) 18:59配信

デイリースポーツ

 阪神に6日、緊急事態が発生した。2軍調整中だったヤンハービス・ソラーテ内野手が広島-阪神戦に出場のためマツダスタジアム入りしたが矢野監督らと会談後に緊急帰阪。球団によると「モチベーションが上がらなかったため」登録を見送ったという。今後の助っ人の処遇は未定となった。

【写真】新神戸駅に姿を見せた阪神・ソラーテ

 ソラーテの緊急帰阪について谷本球団本部長が試合前に取材に応じた。広島に呼びながら昇格見送りという異例の事態となったことについて「1軍で使える感じではない。不運な部分はあった。前々から分かっていればね。実際に本人を呼んで顔を見て話しをしたら、そういうことだった。不細工と言えば不細工だけどしょうがないですね」と意思の疎通がうまくいってなかったことを認めた。

 本人の状況には「メンタルダウンというわけではないんですけど。大事なところでベンチに入れておく感じではないという判断をしたことです」と説明。1軍で戦う「準備ができていなかったということ」とした。谷本本部長は話し合いの席には入ってないという。

 帰阪したソラーテの2軍再合流にも否定的な見解で「どうでしょうね。彼も代理人を挟んで契約をしているので、代理人と話すことになると思います。契約に基づいて」と話した。

 チームは逆転CSに向けて3位広島と大事な直接対決。そんなタイミングでの助っ人の不穏な行動はチームの士気に影響を与えかねない。それだけに谷本球団本部長は「大事なんで、大激震ではないということだけはお伝えしておきます。残念は残念ですけど、しょうがないですね」と話した。

 今季途中に入団したソラーテは7月26日の巨人戦(東京ドーム)で初出場。来日初安打が初アーチという華々しいデビューを飾った。1軍では20試合、打率・188。4本塁打、9打点。8月19日に登録を抹消され、2軍で調整中だった。

最終更新:9/6(金) 19:20
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10/18(金) 16:45

あなたにおすすめの記事