ここから本文です

佐賀で35.1度の猛暑日  週末、九州は雨に注意

9/6(金) 15:10配信

tenki.jp

6日(金)、午後2時半までの最高気温は佐賀市や福岡県久留米市などで35度台まで上がり、猛烈な暑さになっています。佐賀では先週の大雨に伴う復旧作業が続いていますが、こまめな休憩や水分補給など、熱中症への十分な注意が必要です。
また、台風13号の北上に伴い、7日(土)にかけて九州は土砂災害や、海上の暴風・高波に注意・警戒が必要です。

九州 台風13号でフェーン現象 猛烈な暑さ

6日正午現在、台風13号は非常に強い勢力を保ったまま、東シナ海を北上しています。7日(土)は、台風13号が黄海から朝鮮半島北部へ進み、8日(日)は中国東北区で温帯低気圧に変わる見込みです。

6日(金)の九州は、台風周辺の湿った空気が流れ込み、所々で発達した雨雲が発生しています。
また、湿った東風が山越えして、東シナ海側はフェーン現象が起こり、猛烈な暑さになっています。6日午後2時半までの最高気温は、福岡県久留米市35.3度、佐賀県佐賀市35.1度まで上がりました。

週末にかけても高温多湿が続きます。大雨の後片付けなど屋外での作業などは、無理をせずこまめに休憩を取り、水分補給を行いましょう。

7日にかけて、局地的に大雨のおそれ 海上は暴風・高波に警戒

7日(土)は、台風13号は次第に九州から離れますが、台風の周辺の湿った空気と高気圧周辺の湿った空気の流れ込みで、大気の状態が非常に不安定です。
特に、台風の湿った空気が入りやすい長崎県や佐賀県、また地形の影響を受ける宮崎県や大分県、鹿児島県などで、局地的に非常に激しい雨や激しい雨が降り、大雨になるおそれがあります。
九州北部は、8月終わりの記録的な豪雨により土砂崩れが発生している所があります。激しい雨により、新たに土砂災害が発生するおそれもありますので、雨の降り方に警戒して下さい。河川の増水や低い土地の浸水にもご注意下さい。

また7日(土)、九州の海上は南よりの風が非常に強く吹く所があり、海上はうねりを伴い全般に波が高いでしょう。東シナ海側は初め大しけの所もあります。海上は暴風やうねりを伴った高波に警戒が必要です。

日本気象協会 九州支社 山口 久美子

最終更新:9/6(金) 15:18
tenki.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事