ここから本文です

高品質でお値打ち価格~いま話題のメガネチェーン

9/6(金) 17:01配信

テレ東プラス

東京・立川市にある「ららぽーと」立川立飛店のオンデーズ。店内は子どもから若者、そして年配の方まで幅広い層のお客で賑わっている。

オンデーズ、人気の理由・1は「圧倒的な品揃え」。自社開発したオリジナルのフレームが1500種類以上もある。

グニャっと曲がるフレームは「AIR Ultem(エール・ウルテム)」というシリーズ。ウルテム樹脂という飛行機の部品にも使われる超軽量素材でできており、重さはわずか9.4グラムだ。女性人気ナンバー1のプライベートブランドは「Graphe Belle(グラフ・ベレ)」。シックなデザインが、大人の女性に支持されている。花模様が施されているのは「Junni(ジュニ)」という子ども向けのブランドだ。

オンデーズには、ターゲットやコンセプトに沿ったプライベートブランドが23種類もあるのだ。

人気の理由・2は「お値打ち価格」。最も安いメガネはレンズ代込みで4980円。「エール」も8980円からとなっている。

また、どんな度数のレンズでも追加料金はかからない。度数が上がればレンズはその分、厚くなる。それでもレンズは薄い物にしたい。その場合、他店では一般的に追加料金が発生する。しかし、オンデーズではそれが一切かからないのだ。

「千一作」は、メガネ作りの本場、福井県・鯖江の職人による手作りだ。今では珍しいセルロイド製で、「相場は3万~5万円」のところ、これも1万3980円から。

人気の理由・3は「プロの丁寧な検眼」。

客はフレームを選んだら視力測定に。検眼をする武田晃は加工検査技士という肩書を持つ。オンデーズでは、検眼やメガネを加工するスタッフに社内資格を設けている。資格を取るには、100項目以上のテストにパスし、最低480時間以上の実務経験が必要だ。的確な検眼が客の安心感を生む。

続いてレンズ加工。コンピューターでフレームの形を読み取り、レンズを形に削っていく。作業はほんの1分ほど。検眼から最短20分で受け取り可能。この早さも魅力だ。

オンデーズはアフターサービスも充実。買ってから1年以内なら、2回までレンズを交換できる。さらに、購入後1ヶ月以内なら、どんな理由でも全額返金してくれるなど、アフターケアは10項目にも及ぶ。

1/5ページ

最終更新:9/6(金) 17:01
テレ東プラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事