ここから本文です

19歳アンドレースク「夢見ていた」37歳セリーナとの決勝へ<全米オープン>

9/6(金) 16:48配信

tennis365.net

全米オープン

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は5日、女子シングルス準決勝が行われ、第15シードのB・アンドレースク(カナダ)が第13シードのB・ベンチッチ(スイス)を7-6 (7-3), 7-5のストレートで破り、四大大会初の決勝進出を果たした。

【大坂に続きノーシードから初Vアンドレースク】

アンドレースクはタイブレークの末に第1セットを先取。第2セットはゲームカウント2-5とベンチッチにリードを許したが、第8ゲームから5ゲームを連取して2時間13分で勝利した。

19歳のアンドレースクは会見で「多くの感情が走り抜けている。今は今夜の勝利に浸ろうとだけしている。子どもの頃から、この瞬間を夢見ていた。多くの人は現実になると実際思っていなかったと思う。ここまでくるために必死で戦っていたから、決勝の舞台へ立つことに値すると思っている」と語った。

決勝では第8シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)と対戦する。37歳のセリーナは準決勝で第5シードのE・スイトリナ(ウクライナ)をストレートで下しての勝ち上がり。

アンドレースクは「彼女(セリーナ)とは、ずっと対戦したかった。『彼女が引退する前に対戦したい』とは、いつもチームに言っていた。本当に楽しみにしている。彼女はコートの中でも外でも素晴らしいチャンピオン。きっと楽しい試合になるはず」と意気込んだ。

最終更新:9/6(金) 16:50
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事