ここから本文です

アンディ・ウォーホルの大回顧展、2020年秋に開催! 初期作品など約200点

9/6(金) 15:15配信

クランクイン!

 ニューヨークポップアートの旗手、アンディ・ウォーホルの大回顧展「ANDY WARHOL KYOTO/アンディ・ウォーホル・キョウト」が、2020年の9月16日(土)より、京セラ美術館で開催される。

【写真】モフモフ!単独展をする人気猫「ホイちゃん」


■ウォーホル自身に迫る約200点を展示

 本回顧展は、日本初の試みとして、ウォーホル美術財団公式美術館 「The Andy Warhol Museum (アンディ・ウォーホル美術館)」所蔵作品のみで構成される展示会。

 約200点にのぼる作品が展示され、イラストレーターとして活躍していた1950年代の初期作品をはじめ、1960年代に制作された「死と惨事」シリーズに代表される象徴的なキャンバス作品、宗教画を参照した晩年の作品などを鑑賞することができる。

 そして会場となる「東山キューブ」は、京都市美術館が「京都市京セラ美術館」としてリニューアルオープンする際に作られる新館。本回顧展は、当館でのリニューアル後、最初の海外展となる。

【「ANDY WARHOL KYOTO/アンディ・ウォーホル・キョウト」概要】
日程:2020年9月19日(土)~2021年1月3日(日)
場所:京都市京セラ美術館 新館 東山キューブ

最終更新:9/6(金) 15:15
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事