ここから本文です

キンプリ平野紫耀、タピオカブーム先取り!橋本環奈から「インフルエンサー」と言われご満悦

9/6(金) 20:22配信

Movie Walker

累計発行部数800万部を突破する赤坂アカの人気コミックを映画化した『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』の初日舞台挨拶が9月6日にTOHOシネマズ日比谷で開催され、平野紫耀(King & Prince)、橋本環奈、佐野勇斗、浅川梨奈が登壇した。映画の内容にちなみ、それぞれが「高すぎるプライドが邪魔をしてできないこと」を告白。プライドが邪魔をして「流行に乗ることができない」と明かした平野が、「いまの流行りは、タピオカくらいしか知らない。でも僕、中学や小学生くらいからタピオカは自分で作っていて飲んでいた。ようやく原宿が僕についてきた」と胸を張り、会場の笑いを誘った。

【写真を見る】平野紫耀、輝くような笑顔で会場を魅了!

本作はエリートたちが集う学園を舞台に、互いに惹かれ合いながらも、「告白したら負け」という呪縛にとらわれた生徒会会長の白銀御行(平野)と生徒会副会長の四宮かぐや(橋本)が、相手に告らせることを目的に恋愛頭脳戦を繰り広げる姿を描く物語。公開初日を迎え、平野は「ワクワクが止まりません!白銀御行、平野紫耀の2人共、愛していただけたらありがたいです」と笑顔を弾けさせていた。

平野が「流行に乗っている自分が恥ずかしく思っちゃう」と打ち明けると、佐野は「僕らからしたら、紫耀ちゃんが流行。僕の友達も紫耀ちゃんが好きで、髪型を真似したいっていっている子も多い」、橋本も「乗るんじゃなくて、逆に自分で流行を作っていくスタイルで。インフルエンサー!」と提案。平野は「ロックンローラーみたい。いいの?いいねえ!」とまんざらではない表情を見せていた。

橋本は、プライドが邪魔をして「家でも気を抜くことができない」という。「家での過ごし方に、いろいろとルールを課してしまう」そうで、「玄関には靴を1足しか置かないとか、バスタオルは干して乾かしてからじゃないと洗濯しないとか、洗面台に何も置かないとか」と細かいマイルールを発表すると、会場もザワザワ。平野も共感できない様子で、「自宅だったら、なんでもやりたい放題なんじゃないの?」と驚いていた。(Movie Walker・取材・文/成田 おり枝)

最終更新:9/6(金) 20:22
Movie Walker

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事