ここから本文です

【U-18W杯】奥川“快投デビュー”に優勝へのライバル・台湾の地元紙も興奮「待ち焦がれた!」

9/6(金) 16:16配信

Full-Count

日本は世界一へのライバルも…奥川を素直に絶賛「最高のボール」「規格外の実力」

■日本 5-1 カナダ(5日・機張)

 5日からスーパーラウンドに突入した、韓国・機張(きじゃん)で開催中の「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)。「侍ジャパン」高校代表はスーパーラウンド初戦でカナダに5-1で勝利。今大会初登板初先発の奥川恭伸投手(星稜)が7回2安打18奪三振1失点の快投を見せた。優勝争いのライバル・台湾のメディアも日本人右腕に「待ち焦がれた」と大注目。「台湾代表の監督と選手たちは佐々木朗希よりもスピードと制球は上と信じている」と日本の“二大エース”を比較している。

【動画】7回を投げアウト21個のうち奪三振は驚異の「18」 圧巻の投球を見せた奥川恭伸が奪った全三振の映像

 大会屈指のスター奥川の登場に、ライバル国のメディアも沸騰した。「待ち焦がれた! 日本はエース奥川恭伸をカナダ戦でトランプの切り札として切った」と報じたのは台湾紙「自由時報」だった。

 特集では、3奪三振でスタートを切った初回に注目。そして、その凄まじいポテンシャル、さらに8月17日の甲子園・智弁和歌山戦で披露した伝説的な投球を絶賛している。

「奥川恭伸は最速158キロを誇り、そのボールは最高だ。フォークボールにも称賛が集まっている。今年の甲子園では衝撃の14イニング、165球23奪三振の衝撃の力投を見せた。規格外の実力をジャイアンツのエース、菅野智之も称賛した」

 158キロは実際には誤計測で、実際の最速は甲子園で叩き出した154キロとされているが、いずれにしても絶賛の言葉が並ぶ。

 そして、若き侍の誇る2大エース、佐々木朗希(大船渡)とも比較。「U-18台湾のコーチ陣と選手は奥川の球速と制球は佐々木朗希より上だと信じている」と記事では報じている。

 オープニングラウンドでは日本の5回降雨コールド勝ちを収めた台湾。スーパーラウンドでは韓国、オーストラリアに快勝し、2連勝で決勝進出へ大きく前進している。日本は世界一へのライバとなるはずだが、メディアはその実力を認めて、甲子園のスターの「待ち焦がれた」衝撃デビューに賛辞を送っている。奥川が前評判通りのパフォーマンスで圧倒的な実力を見せつけた。

Full-Count編集部

最終更新:9/6(金) 16:16
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事