ここから本文です

「左効き遺伝子」を発見、脳の構造に影響も

9/6(金) 14:52配信

BBC News

ジェイムズ・ギャラガー健康・科学担当編集委員、BBCニュース

ヒトのDNAの中に左利きと関わる遺伝的指令が組み込まれていることを、英オックスフォード大学の研究チームが初めて発見した。

この指令は、脳の構造や機能、特に言語をつかさどる部分にも深く関係しているという。

研究チームはによると、左利きの人はこの指令によって、他の人よりも言語能力が発達する可能性がある。

しかし、利き手と脳の発達の関係には、まだ多くの謎が残る。

■何が分かったのか

人間の10人に1人が左利きだ。

双子の研究によって、両親から受け継いだDNAがなんらかの形で、利き手の決定に関係していることがすでに分かっている。

しかし、その詳細はやっと少しずつ分かってきたばかりだ。

研究チームは今回、医療研究用のデータベースとして40万人分のDNA情報を調査・記録している調査団体「UKバイオバンク」のデータを調べた。それによると、40万人のうち左利きはわずか3万8000人強だった。

その後、研究者は利き手の違いとDNAの違いに照らし合わせ、DNAのどの部分がどうなっていると人は左利きになるのか探り当てようとした。

学術誌「Brain」に掲載された論文によると、左利きに関係する領域は4つ見つかった。

研究チームのグエネル・ドゥオー教授はBBCニュースの取材で、「この調査によって初めて、利き手の決定には遺伝的要因が関係すると分かった」と話した。

■どういう仕組みか

人を左利きにする突然変異は、細胞の形態を維持する細胞内の「細胞骨格」と呼ばれる部分、繊細な「足場」のようなタンパク質構造に対する遺伝的指令に出現する。

カタツムリの細胞骨格にも似たような突然変異があり、これがカタツムリの殻を反時計回り、つまり「左利き」にするという。

(カタツムリは殻の向きによって生殖器の位置が違うため、右回り同士、左回り同士でしか交尾できない。イギリスで2年前に話題になった左利きのカタツムリ、ジェレミーを思い出してほしい)

UKバイオバンク計画に参加した人たちのスキャン画像から、細胞骨格が脳内の白質の構造を変更しているのが分かったという。

ドゥオー教授は、「我々は初めて、ヒトの利き手に影響する細胞骨格の違いを、脳で見ることができると立証した」と説明した。

調査では、左利きの被験者の方が、言語をつかさどる領域で左脳と右脳の連結が良好で、よく連携していた。

研究チームはこのことから、左利きの人の方が言語能力が高いはずだと推測しているが、今回の調査ではそれを裏づけるデータは得られなかった。

調査ではまた、左利きだと統合失調症になる危険性がわずかに高い一方、パーキンソン病のリスクはわずかに低いことが分かった。

■左利きの人への影響は? 

左利きはしばしば、差別の対象にされてきた。

この論文を執筆した外科医のドミニク・ファーニス教授は、「多くの文化で左利きは不運なこと、悪いこととみなされ、それが言語にも反映されている」と説明する。

例えばフランス語で左を表す「gauche(ゴーシュ)」は、同時に「不器用・下手」という意味を持つ。英語で右を表す「right」は「正しい」と言う意味でも使われる。

「左利きは単に脳の生物学的発達の結果であり、運や悪性とは関係ないことが、この件球で示された」

「少なくとも左利きの一部は、我々が見つけた遺伝的変異によって起こっている。何が人を人たらしめているのかの理解につながる」

■これで終わり? 

とんでもない。

利き手の違いについては、25%が遺伝で、75%が環境(遺伝に関係ない事柄)で決まっていることが分かっている程度だ。

今回の研究ではその最初の1%が分かったに過ぎず、しかも対象はイギリス人に限られていた。

つまり、環境要因がどれだけ大きいとしても、世界中の人の利き手について遺伝的要因を理解するには、もっと調査が必要だ。その上で、なぜ人は左利きだったり右利きだったりするのか理解するため、様々な要因をつなぎ合わせて全体像を作らなくてはならない。

(英語記事 'Lefty DNA' found - and it changes brain structure)

(c) BBC News

最終更新:9/6(金) 20:00
BBC News

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事