ここから本文です

収益は月6万円。やりがいも、心が痛むときも... トレンドブログ「いかがでしたか?」の裏の本音

9/7(土) 11:00配信

J-CASTニュース

 「事件の犯人は〇〇!経歴は?前科は?」「〇〇について調べてみました!」「調べましたが、わかりませんでした」「いかがでしたか?」――。

 時事・芸能ネタを中心に取り上げ、ページビュー(PV)を稼ぐ「トレンドブログ(トレンドアフィリエイト)」。インターネット利用者の関心に素早く応える利点がある一方、デマ拡散や誹謗中傷の温床になっているとの指摘もある。

 こうしたトレンドブログは、どのようにして作られているのか。そして、その問題意識は――。運営者に聞いた。

■「犯人扱い」された無関係の女性

 著名人のうわさ話や社会的関心の高い事件を中心に扱い、PV数を増やして広告収入を得ることを主な目的とする「トレンドブログ」。

 常磐自動車道で男性会社員があおり運転を受けた後に殴られた事件では、無関係の女性がネット上で"犯人視"され、トレンドブログが拡散の起点となった。

 「人違い」被害を受けた女性の代理人弁護士は2019年8月23日の会見で、対象のトレンドブログは「自身の利益のために、不適切な言葉を用いて情報を積極的に拡散した人物と同等かそれ以上の拡散力をもって情報を広める点で、極めて重いと考えます」とし、法的責任を問う構えだ。

 また、ネットで企業や個人が仕事を不特定多数に発注できるクラウドソーシングサイトで、有名スポーツ選手を誹謗中傷するようなブログ記事の作成募集があり、批判を集めた例もあった(詳細:「『羽生選手』『キモすぎ』で記事書いて」 氾濫するトレンドブログ求人、仲介業者も対応強化へ)

 J-CASTニュースでは、トレンドブログの運営者に対面取材を申し込み、関東在住の女性Aさん(27)に話を聞いた。

60万支払い「運営者」デビュー

 大学卒業後、公務員として働いていたAさん。結婚を機に専業主婦となり、自宅でできる仕事として目を付けたのがトレンドブログだった。クラウドソーシングサイトなどでライターを募り、組織的に運営するブログもあるが、Aさんは一人でほぼ毎日記事を書いている。

  「なんの仕事をしようかと考えていた時に、私の知り合いがやっていて、旦那が転勤族ということもあり、ひとつの仕事を家でできればと思って始めたのがトレンドブログでした」

 ブログは19年4月に開設し、運営のノウハウは主婦などをターゲットとした有料会員制コミュニティー、いわゆるオンラインサロンで学んだという。

  「お友達がブログを教えてくれるオンラインサロンに入っていて、その子がそこで学んだというので、私も先生を見つけたいと思い、今サロンに入っているんです。そこの先生のマニュアルみたいなものがあってそれに沿ってやっています」

  「私のところは年間30万と60万のコースがあり、私は60万のコースに入ったんですが、60万の方はブログに限らず安定して稼げるようになったらその先のビジネスもサポートしてくれるので60万のコースにしました。もう一つの方はブログだけでやっていくみたいな感じです」

1/3ページ

最終更新:9/7(土) 13:04
J-CASTニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事