ここから本文です

【紫苑Sの見どころ】重賞昇格後、存在感を増す秋華賞トライアル

9/7(土) 9:30配信

netkeiba.com

 秋華賞のトライアルレースで、一昨年はディアドラがここと本番を連勝、昨年優勝馬ノームコアもその後GI馬となった。出走する主な有力馬は次の通り。

【写真】カレンブーケドールこれまでの軌跡

■9/7(土) 紫苑S(3歳・牝・GIII・中山芝2000m)

 カレンブーケドール(牝3、美浦・国枝栄厩舎)はオークスで12番人気の低評価を覆し、クビ差2着と好走。最後に勝ち馬の脚には屈したものの、大舞台で自身のポテンシャルを最大限に発揮した。ラスト一冠奪取に向け、ここは落とせない一戦。

 トーセンガーネット(牝3、美浦・小笠倫弘厩舎)は中央移籍後の初戦をここで迎える。地方所属時は南関東牝馬三冠の内、桜花賞(浦和)と東京プリンセス賞を制し、関東オークスでも3着した実績がある。2歳時に参戦したクローバー賞では8着だったが、改めて芝でどんな走りを見せてくれるか注目したい。

 その他、フェアリーSの覇者フィリアプーラ(牝3、美浦・菊沢隆徳厩舎)、3戦2勝のアップライトスピン(牝3、美浦・池上昌和厩舎)、フローラS4着のパッシングスルー(牝3、美浦・黒岩陽一厩舎)、同5着のフェアリーポルカ(牝3、栗東・西村真幸厩舎)、ディープインパクト産駒レッドベルディエス(牝3、美浦・鹿戸雄一厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時45分。

最終更新:9/7(土) 9:30
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事