ここから本文です

パトカーが駐車違反 勤務中に自治会田植えに参加 大分

9/7(土) 9:45配信

毎日新聞

 大分県警臼杵津久見署の男性署員が6月、勤務中にパトカーを違法駐車させたとして、交通反則切符を交付されていたことが分かった。田中敬一郎副署長は「今後は法令順守を徹底し、再発防止に努める」と話した。

【47都道府県の警察本部】

 同署によると、交付されたのは、地域課所属の50代の男性署員。署員は同月中旬ごろ、大分県臼杵市内の自治会で実施された田植えに参加。パトカーで現地に到着し、田植え作業を終えるまで市道の路側帯に2~3時間にわたり違法に駐車した。

 道路交通法と道交法施行令では、路側帯に駐車する場合は、歩行者が歩けるように車の左側に、少なくとも0・75メートルの余地をとらなければいけないと規定するが、パトカーを駐車した際にそのスペースを確保していなかったという。

 田植え行事の数日後に市民から問い合わせがあり、発覚。事実関係を確認した同署が、署員に反則切符を交付し、厳重注意した。

 同署の調べに、署員は「故意ではなく、違反しているという認識はなかった」と釈明しているという。【尾形有菜】

最終更新:9/7(土) 11:54
毎日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事