ここから本文です

京急が全線の運転再開 事故から2日ぶり 未明にかけ車両撤去

9/7(土) 13:19配信

毎日新聞

 横浜市神奈川区の京急線の踏切で快特電車と大型トラックが衝突した事故で、京急電鉄は7日午後1時15分ごろ、運休していた京急川崎―横浜間で運転を再開した。全線での運転再開は事故から2日ぶり。

【写真特集】電線復旧作業、片付いた線路、試運転……京急全線復旧まで

 京急電鉄は6日夜から7日未明にかけ、現場に最後まで残っていた先頭車両をクレーンでつり上げて線路に戻し、作業員が手で押して現場近くの車両基地に移した。試運転などで線路の安全確認をした上で、運転を再開した。

 事故は5日午前11時40分ごろに発生。青砥発三崎口行き下り快特電車(8両編成、乗客約500人)が13トントラックに衝突し、トラックの男性運転手(67)が死亡、乗客と電車の男性運転士(28)の計35人が軽傷を負った。

最終更新:9/7(土) 15:12
毎日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい