ここから本文です

37歳の最強ママ、セリーナ・ウィリアムズが記録ずくめの全米制覇に挑む

9/8(日) 0:03配信

スポーツ報知

◆テニス全米オープン第13日 注目カード ▽女子シングルス決勝 セリーナ・ウィリアムズ(米国)VSビアンカ・アンドレスク(カナダ)

 37歳のセリーナが、記録ずくめの優勝に王手をかけている。今大会で失ったセットは2回戦の1つだけという圧倒的な力で決勝進出。全米オープンで積み重ねた白星は101となり、クリス・エバートに並ぶ最多タイとなった。

 優勝すればその記録を更新し、さらにグランドスラムの通算優勝ではマーガレット・コートに並ぶ24となる。偉大なプレーヤーの思考は常にシンプルだ。「私はただコートに出て、リラックスしてプレーするだけよ」。昨年は大坂なおみ(日清食品)に決勝で敗れ、さらには審判とのもめごとで汚名を残してしまった。このことをいまだに指摘される反面、もうすぐ四十路で、母親でもあるプレーヤーはコートで誰よりも大きな声援を浴びる。

 昨年の大坂は20歳、今年も19歳のアンドレスクが相手だ。スポーツに世代交代はつきものだが、セリーナにはそれを容易に許さない気迫がある。汚名を晴らす一戦となるか。決勝は日本時間8日午前5時(現地7日午後4時)以降に開始予定。

 ◆全米オープンはWOWOWライブで9日まで連日生中継。WOWOWメンバーズオンデマンドでも配信。

最終更新:9/9(月) 9:09
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事