ここから本文です

強い台風15号 関東に接近・上陸へ あす夜は急な嵐

9/7(土) 19:18配信

tenki.jp

台風15号は強い勢力で8日(日)夜から9日(月)にかけて関東地方の沿岸にかなり接近し、上陸する恐れ。関東や東海では8日夜から急に暴風が吹き、台風本体の雨雲がかかる。広く厳しい暑さ。

強い台風15号 8日(日)夜~9日(月) 関東地方に接近・上陸の恐れ

強い台風15号は、7日(土)午後6時現在、父島の北を時速30キロで北西へ進んでいます。中心気圧は960ヘクトパスカル、風速25メートル以上の暴風域を伴っています。今後も北西へ進み、8日(日)は八丈島付近を北へ進む見込みです。海面水温27度以上の所を通り、強い勢力を保ったまま、8日(日)夜から9日(月)にかけて関東地方の沿岸にかなり接近、上陸する恐れがあります。

東海・関東・東北 急に暴風や強雨

台風15号は、雲域が比較的小さい台風です。関東や東海に、台風周辺の発達した雨雲が、8日(日)昼頃からかかるでしょう。日中は、風は特に強く吹くことはない見込みです。台風15号が接近する夜から、そよ風が急に猛烈な風に変わる恐れがあります。
台風本体の雨雲も、東海や関東に8日夜からかかるでしょう。東海は9日未明にかけて、関東は9日昼頃にかけて、暴風や大雨に厳重な警戒が必要です。
東北の太平洋側南部では9日、海上を中心に大荒れとなる恐れがあります。暴風や高波に警戒して下さい。

8日に予想される最大瞬間風速は、伊豆諸島60メートル、関東地方50メートル、東海地方45メートルと、走行中のトラックが横転するほどです。小笠原諸島35メートルです。
8日午後6時までに予想される24時間雨量は、伊豆諸島150ミリ、東海地方80ミリ、その後9日午後6時までに予想される24時間雨量は、東海地方300から400ミリ、関東甲信地方、伊豆諸島200から300ミリ、東北地方100から200ミリです。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒して下さい。

台風の進路によっては、潮位が高まる可能性があります。伊豆諸島の海岸や河口付近の低地では浸水や冠水にご注意下さい。関東地方でも9日は高潮の恐れがあります。

1/2ページ

最終更新:9/7(土) 19:23
tenki.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事