ここから本文です

台風15号 あす夜から関東付近に接近・上陸のおそれ

9/7(土) 6:12配信

ウェザーマップ

 台風15号は、発達しながらあす8日(日)夜から9日(月)にかけて、暴風域を伴って東日本にかなり接近、上陸するおそれがある。暴風やうねりを伴った高波に厳重に警戒、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要だ。台風の動きが少し遅くなる場合には、月曜日朝の首都圏の交通網を直撃するおそれもある。また、台風15号の接近に伴い、小笠原諸島ではきょう7日(土)は急に風が強まり、大荒れとなる見込みだ。

 台風15号は、きょう午前3時には小笠原近海にあって、1時間におよそ35キロの速さで西北西へ進んでいる。中心の気圧は980ヘクトパスカル、最大瞬間風速は45メートルで、暴風域を伴っている。
 今後、台風15号は発達しながら北西に進んで強い勢力となり、暴風域を伴ったまま、きょう昼過ぎから夕方にかけて小笠原諸島にかなり接近する見込みだ。その後、台風は強い勢力を保ったまま暴風域を伴って、あす夜から月曜日にかけて東日本にかなり接近し、上陸するおそれがある。
 この台風の雲域は比較的小さいため、接近する地域では、急に風が強まり、波が高くなる見込みだ。

暴風・高波

 小笠原諸島では、台風の接近に伴って急に風が強まり、きょう昼過ぎから夜にかけて暴風となり、大しけとなりそうだ。また、東日本の太平洋側でも、あすから月曜日にかけては、猛烈な風が吹いて猛烈なしけとなる所がある見込みだ。暴風やうねりを伴った高波に厳重に警戒が必要となる。

大雨・雷・突風

 東日本では太平洋側を中心にあす夜から月曜日にかけて、台風の接近に伴って南から暖かく湿った空気が流れ込んで大気の状態が非常に不安定となりそうだ。局地的に雷を伴った猛烈な雨の降る所があるとみられる。
 東北地方でも月曜日は、台風周辺や台風本体の発達した雨雲により、雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがある。
 土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒し、落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要だ。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど安全確保に努めたい。

月曜朝 交通期間の乱れ注意 飛びやすい物は予め片付けて

 関東や東海での雨や風のピークは、あす夜遅くから月曜日未明とみられるが、台風の進行が遅くなる場合には月曜日朝の通勤通学へ大きな影響が出ることも考えられる。
 ピーク時間は3時間から6時間程度とみられるが、この間は外出は危険な雨・風になるため、ベランダや庭の飛びやすいものは片付けたり、側溝などの掃除も予めしておきたい。
 また、時間差通勤・通学なども検討が必要になるかもしれないので、今後の予報もこまめに確認しておいたほうがよさそうだ。

(気象予報士・長谷部愛)

最終更新:9/7(土) 6:17
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事