ここから本文です

【普通のダウンヘアでは無難すぎ!?】 カジュアルコーデを格段に「オシャレに見せる髪型」って?

9/7(土) 16:00配信

magacol

カジュアルコーデってつい子供っぽく見えたりコンサバすぎたり、実は一番さじ加減が難しいスタイルですよね。そんなカジュアルスタイルに差をつけるなら、髪型が意外と重要って知っていましたか?CLASSY.でも活躍しているオシャレなアラサーOLをスナップしたところ、ダウンヘアよりもヘアアレンジをしている人が多かったことが判明! どうやら、今のカジュアルを着るときは、髪を下ろしているよりも無造作にまとめたほうが「こなれた雰囲気」を出せるよう。そこで、おしゃれな人がリアルにやっている、周りに差がつく簡単ヘアアレンジをご紹介します!

後れ毛をニュアンスを出したひとつ結びは簡単にこなれ感を出せるヘアNo,1

もともと短めのボブですが、タートルネックや顔まわりにポイントのある洋服を着る時には簡単なひとつ結びアレンジの方がさらにバランスがよく見える気がします。前髪と前髪脇、さらに耳の前側の3点の後れ毛を残してから、低めの位置でまとめて、仕上げにトップスよりも後ろの位置を引き出してボリュームを出すと今っぽく仕上がります。(アパレル勤務・24歳 中村麻美さん)

ロングヘアは最初にしっかり巻いて低めポニーにすると、立体感が出てオシャレっぽく

ベーシックなジャケット×デニムコーデにロングのワンレンヘアだとコンサバすぎる印象なので、低めのカジュアルなひとつ結びがぴったりです。きちんとコテでカールを作ってから、手ぐしでゆるっとまとめているのがポイント。低めの位置で一本結びをしたら、ゴムが見えないように毛束を巻きつけるときちんと感が出ます。(アパレル関係・28歳 佐藤 匠さん)

低めの8の字お団子とゆるい後れ毛使いがこなれて見せるカギ

髪がとても長いので、ワンピースにミリタリージャケットの肩を抜いたリラクシーなスタイルにそのままダウンヘアだと重く見えてしまいがち。そこで低めの位置に8の字にまとめたお団子でボリュームを抑えています。顔まわりに後れ毛を残して、トップを少し引き出してニュアンスを残しているのがポイント。(商社勤務・30歳 苅谷純子さん)

1/2ページ

最終更新:9/7(土) 16:00
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事