ここから本文です

【レッドブル・エアレース】室屋義秀、最後の大会で優勝!チャンピオンには1ポイント届かずも今季最多優勝

9/8(日) 13:08配信

TopNews

レッドブル・エアレース(Red Bull Air Race World Championship)2019シーズン最終戦となる千葉大会(千葉県立海浜幕張公園)ファイナル4で、室屋義秀(チームファルケン)が優勝した。

●【画像:レッドブル・エアレース】今季4戦中3勝を果たした室屋義秀、なぜ年間王者になれなかったのか?そのポイントシステムとは?

■室屋義秀、優勝!

室屋義秀は、最後の4人で戦うファイナル4に進出。そこでトップタイムを叩き出し、最後のレッドブル・エアレースで、大勢の日本のファンの前で見事な優勝を果たした。

■チャンピオンはマット・ホール

千葉大会で3位となったマット・ホール(オーストラリア)が、ランキング1位でチャンピオンを決めた。千葉大会で優勝した室屋は、1ポイント差で惜しくもチャンピオンを逃したものの、今シーズン4戦中3勝を挙げ、速さと強さを見せた。

最終更新:9/8(日) 23:29
TopNews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事