ここから本文です

阪神・藤浪、5回9安打4失点3四死球 五回に死球きっかけに4失点

9/8(日) 14:47配信

デイリースポーツ

 「ウエスタン、阪神-広島」(8日、安芸市営球場)

 2軍調整中の阪神・藤浪晋太郎投手(25)が5回を投げ9安打4失点、3四死球と好結果に結びつけることはできなかった。

【写真】不本意な投球が続く阪神・藤浪

 初回から四回までは安打などで出塁を許すも、要所を締める投球が続いた。中でも三回は2死一、三塁と失点のピンチだったが、林を外角直球で二ゴロに打ちとり、脱出した。

 ただ、五回は苦しい投球となってしまった。先頭、右打者の永井に死球を与え、続く桑原も四球。無死一、三塁となって羽月に遊撃内野安打を打たれ、先制適時打に。続く林、岩本、正随にも連打を許し、一挙4失点を喫した。この回限りでマウンドを降りた。

 登板前に「色んな球種を投げて、カウントを取って有利に進めて行ければ」とテーマを掲げていた。言葉通り、投手有利なカウントで投球する場面も際立った。四球も一つだったが、右打者2人への死球や甘くなった球を弾き返される場面もあり、課題が浮き彫りとなった。

最終更新:9/8(日) 16:57
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事