ここから本文です

阪神・矢野監督「勝てる方法を探したらそうなった」ドリス五回投入も実らず…

9/8(日) 16:54配信

デイリースポーツ

 「広島3-2阪神」(8日、マツダスタジアム)

 阪神が負けられない一戦で、接戦を落とした。3位広島に痛恨のカード負け越しで、ゲーム差は再び3・5。逆転CS出場に向けて、厳しい状況に追い込まれた。

【写真】天を仰ぐ矢野監督

 先発の岩貞を4回2失点であきらめ、五回はドリスを投入。だが、助っ人は松山の適時打で追加点を献上した。

 流れをつかめず、打線は六回まで投げた先発のジョンソンに無得点。八回にマルテ、糸原の連続適時二塁打で2点を返したが、反撃は及ばなかった。矢野監督はドリスの五回投入について「勝てる方法を探したらそうなったという」と説明。「最低でも勝ち越しというのをして帰りたいというのはあった」と、総力戦で白星をつかみにいったが、痛恨の黒星となった。

最終更新:9/8(日) 18:37
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事