ここから本文です

宮野真守 初のアジアツアーを完走 ファンに感謝「みんなは僕のヒーロー」

9/8(日) 22:00配信

デイリースポーツ

 声優アーティストの宮野真守(36)が8日、自身初のアジアツアー「MAMORU MIYANO ASIA LIVE TOUR 2019~BLAZING!~」の最終公演を、横浜アリーナで行った。

 宮野はステージに華麗に登場。宮野のイメージカラーである赤色のペンライトを振る1万2000人を沸騰させた。ヒーローをテーマに台湾や上海をはじめ、全国を走ったツアー。「次元を越えていろんなヒーローを見せていきます!」と叫び、セクシーなダンスから、かわいらしい振り付けまで、“千変万化”なヒーローを見せつけた。

 この日は全国35カ所の映画館で5700人がライブビューイングで参戦。客席の盛り上がりを、「さすがチーム『マモ』だね~」とファンに微笑み、「ぼくはヒーロー」「アンコール」など全19曲で観客を酔わせた。

 初のアジアツアーで約7万人を動員。「みんなの熱い熱い思いが僕に届いています」と何度も頭を下げた。また、会場後方まで移動するステージや、トロッコなどで、最大限ファンの近くまで接近。「後ろまで行ったね!近かったね!」と想いを共有した。

 終盤には、ニューシングル発売を発表。また2020年6月に、男性声優初となる埼玉・メットライフドームでのライブ開催決定を報告した。宮野は「みんなに感謝しかない。みんなは僕のヒーロー」とファンに再会を誓い、自身最大規模のツアーの幕は閉じた。

最終更新:9/8(日) 22:32
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事