ここから本文です

週間 関東あす通勤の時間帯も暴風 週中頃まで猛暑

9/8(日) 15:54配信

tenki.jp

台風15号の影響で、関東を中心に9日(月)にかけて記録的な暴風となる恐れ。交通機関への影響や停電などに注意。週中頃にかけて、最高気温が35度くらいの所も。

台風15号 9日(月)にかけて関東付近を通過 記録的な暴風の恐れ

強い台風15号は、強い勢力を維持したまま8日(日)夜遅くから9日(月)明け方に、関東地方または東海地方に上陸し、9日(月)昼前にかけて関東地方を通過する見込みです。その後は、東北の東海上を進むでしょう。東海や関東、東北南部の太平洋側で荒れた天気になる見込みです。
気象庁は、関東を中心に9日にかけて、記録的な暴風が吹く恐れがあるとして記者会見を行っています。9日朝の通勤の時間帯も暴風が吹く恐れがあり、交通機関の乱れに注意が必要です。関東地方や東海地方では、9日にかけて最大瞬間風速は60メートルと、電柱や街灯が倒れるくらいの風が予想されています。停電などライフラインへの影響にも注意が必要です。
今後、最新の台風情報、交通情報をご確認下さい。

9日(月) 熱帯低気圧 東シナ海を北上

9日(月)は、東シナ海を熱帯低気圧が北へ進む見込みです。熱帯低気圧周辺の暖かく湿った空気と、台風15号周辺の暖かく湿った空気がぶつかる所で、特に雨雲が発達しやすいでしょう。九州北部では、午後はカミナリを伴って激しい雨が降る所がある見込みです。九州南部や沖縄も雨雲がかかる所があるでしょう。

10日(火)以降の天気

10日(火)は、本州付近に暖かく湿った空気が流れ込み、九州から東北にかけて大気の状態が不安定になる見込みです。所々で雨雲やカミナリ雲が湧くでしょう。11日(水)から12日(木)にかけては、前線が東北地方を南下し、東北や北陸を中心に雨雲がかかる見込みです。前線に向かって南から湿った空気が流れ込むため、関東付近で特に大気の状態が不安定になり、平野部でも雨や雷雨の所があるでしょう。13日(金)にかけては、前線が本州の南に停滞し、近畿の太平洋側や東海を中心に雨雲がかかる可能性があります。
14日(土)も、上空の気圧の谷や湿った空気の影響で、スッキリと晴れる所は少ないでしょう。

週中頃にかけて真夏の暑さ 夜も気温下がりにくい

最高気温は、9日(月)は北海道でも30度くらいの所があり、全国的に真夏並みとなる見込みです。11日(水)頃にかけて、九州から関東では最高気温が35度くらいとなる所があり、夜の気温は25度くらいまでしか下がらない所が多いでしょう。夜でも熱中症に注意が必要な日が続きます。

日本気象協会 本社 白石 圭子

最終更新:9/8(日) 15:54
tenki.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事