ここから本文です

酒に酔って口論中に息子刺す 殺人未遂容疑で養父逮捕 妻から暴力の相談も/市原

9/8(日) 11:21配信

千葉日報オンライン

 口論中に包丁で息子を刺して殺害しようとしたとして千葉県警市原署は7日、殺人未遂の疑いで、養父で千葉県市原市八幡、自称会社員、藤川正次容疑者(61)を現行犯逮捕した。容疑を認め、腹が立ったという趣旨の供述をしているという。

 逮捕容疑は、7日午前10時ごろ、同所にある自宅マンションの一室で、台所にあった包丁を使い同居する息子(37)の左胸付近を1回刺して殺害しようとした疑い。息子は重傷を負って市内の病院に搬送された。命に別条はないという。

 同署によると、藤川容疑者は酒に酔っており、2人は口論をしていたという。同署は、トラブルの内容や詳しい動機について調べている。刺した場面を目撃した妻が110番通報した。同署は2016年以降、妻から藤川容疑者の暴力に関する相談を複数回受けていた。

最終更新:9/8(日) 11:21
千葉日報オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事