ここから本文です

台風15号 非常に強い勢力に発達 静岡県・神奈川県の一部が暴風域に 未明に上陸へ

9/8(日) 22:06配信

ウェザーマップ

 非常に強い台風15号は、暴風域を伴って8日(日)夜遅くから9日(月)明け方にかけて関東または静岡県に上陸し、9日昼前にかけて関東地方を通過する見込み。台風は中心気圧955ヘクトパスカルと発達し、非常に強い勢力となった。

東京都神津島 最大瞬間風速58.1メートルを観測

 8日午後9時現在、静岡県と神奈川県、伊豆諸島の一部が暴風域に入っている。東京都神津島では、午後9時3分に最大瞬間風速58.1メートル(地点観測史上1位)を観測した。
 また、午後7時40分には下田市、伊豆市、河津町、松崎町、西伊豆町に、午後8時30分には伊豆の国市に土砂災害警戒情報が発表された。

 関東や静岡県では、このあと数時間以内に急激に雨や風が強まり、大荒れとなる見込みだ。
 あす9日(月)朝にかけては不要不急の外出は避け、暴風やうねりを伴った高波に厳重に警戒し、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重な警戒が必要だ。

首都圏を含め記録的な暴風となるおそれ 雷を伴った猛烈な雨も

 非常に強い台風15号は、8日午後9時には伊豆大島の南南西約70キロにあって、1時間に約20キロの速さで北へ進んでいる。
 台風の接近に伴って、伊豆諸島や関東、静岡県では9日朝にかけて猛烈な風が吹いて猛烈なしけとなり、首都圏を含め記録的な暴風となるおそれがある。

 また、南から暖かく湿った空気が流れ込むため、関東や静岡県では9日明け方にかけて、雷を伴った猛烈な雨が降り、大雨となるおそれがある。

高潮による浸水や冠水にも注意

 さらに関東や東海、伊豆諸島、東北の海岸や河口付近の低地で高潮のおそれがある。関東や東海、伊豆諸島では9日明け方にかけて、東北地方は9日昼前から昼過ぎにかけて高潮による浸水や冠水にも注意が必要だ。

最終更新:9/8(日) 23:45
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい