ここから本文です

勝利をたぐり寄せた新投入の“100万円パター” ケプカ・アイアンは今季ツアー3勝目【勝者のギア】

9/9(月) 11:00配信

ゴルフ情報ALBA.Net

先週の「ゴルフ5レディス」は、淺井咲希、申ジエ(韓国)らとの激しい優勝争いを制したイ・ミニョン(韓国)が、トータル16アンダーで今季2勝目(通算5勝目)を挙げた。「ここ最近は優勝争いをしても、勝てなかった。ホッとしました」と、今年5月の「ほけんの窓口レディース」以来となる勝利に胸をなでおろした。

メジャーの舞台にはすでに原英莉花の姿も【写真】

そのミニョンの優勝を支えたのが、新たに投入したパターだ。それがピン型の『スコッティキャメロン T2 GSS Tour 350 プロトタイプ』。元々ピン型ユーザーだったが、今季初優勝を挙げた時は、同じスコッティキャメロンのマレット型『GOLO 5Rプロトタイプ』を使用。「マレット型のほうがショートパットの時が楽。ただピン型のほうが見た目が好きだし、ロングパットの距離感は合う。それもあって、またトライしました」とバッグインすることを決めた。

このパターは8月の「北海道meijiカップ」の週に注文。それが先週の水曜日に手元に届き、翌日のプロアマでテストも兼ねて使用した。「最初に届いたものは、構えた時に少し長さを感じた」ため0.5インチシャフトをカットし、33.5インチで使用。グリップも替えるなど手を加え、限られた時間のなか、しっかりとフィーリングを合わせた。

淺井と並んでいた16番では、「20mほどに感じた」というバーディパットを、この新パターでねじ込むビッグプレーも飛び出した。本人も「信じられない」と唖然とするプレーで1打のリードを得ると、そのまま逃げ切りに成功した。

「高額なパターだと周りの人に聞いて、誰かに持っていかれないか心配でした(笑)」と冗談まじりに話したパターは、普通に手に入れようとすると100万円はするという、まさに逸品だ。

この他、ほけんの窓口レディースからの変更点として、48度のウェッジを抜いて、5番ウッドを投入。また“ケプカ・アイアン”として知られるミズノの『JPX 919 ツアー』は、ミニョンの2勝、「NEC軽井沢72ゴルフ」を制した穴井詩と合わせて国内女子ツアー今季3勝目となった。

【イ・ミニョンのクラブセッティング(WITB=What’s in the Bag)】
1W:テーラーメイド M5 ドライバー(9°)
(三菱ケミカル Diamana BF-50/S)
3W:テーラーメイド M6 フェアウェイウッド(15°)
5W:テーラーメイド M5(19°)
3I:テーラーメイド Rsi TP UDI ドライビングアイアン(20°)
4I~PW:ミズノ JPX 919 ツアー
W:タイトリスト ボーケイ SM7(52°、58°)
PT:スコッティキャメロン T2 GSS Tour 350プロトタイプ
BALL:タイトリスト PRO V1

(撮影:鈴木祥)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:9/9(月) 11:00
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事