ここから本文です

LUNA SEA、西川貴教、森口博子など… ガンダム40年の名曲を個性豊かなメンバーが実演

9/9(月) 19:34配信

チケットぴあ

誕生から40年を迎えた『機動戦士ガンダム』シリーズの軌跡を、テーマソングや挿入曲で振り返るイベント『GUNDAM 40TH FES. LIVE-BEYOND』が、9月7日と8日に千葉・幕張イベントホールにて開催された。初日の7日にはLUNA SEA、T.M.Revolution / 西川貴教、森口博子などが登場し、自身のガンダム楽曲を披露した他、ここでしか聴くことのできないレアなカバーやスペシャルゲストを迎えたコラボも展開。世代を越えて集まった6,000人と共に、ガンダムの40周年を祝った。

「GUNDAM 40TH FES. LIVE-BEYOND」のステージの模様

『機動戦士ガンダム40周年プロジェクト』のテーマ曲「THE BEYOND」を手がけているLUNA SEAは、同曲の他に『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』OPテーマなどを披露。ボーカルの河村隆一は“ガンダム最高です!”とコメントし、ラストに自身のヒット曲「ROSIER」を歌って会場を赤く染め上げた。

SKY-HIは、『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』のメインテーマに乗せて、オリジナルのラップを繰り広げて会場を沸かせた。DJシャアザー a.k.a. DJシーザーは、人気キャラクター=シャアのコスプレで登場。ガンダム楽曲によるDJプレイに、ダンサーやオタ芸を交えたパフォーマンスで沸かせた。またTECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDは、ハセガワダイスケ、シークレットゲストの結城アイラ、森口博子をボーカルに迎えてガンダム楽曲をカバー。この日だけのレアなアレンジを聴かせてくれた。

デビュー曲をはじめ多数のガンダム楽曲を歌ってきた森口博子は、“他人とは思えない一体感!”と、会場の盛り上がりに興奮気味。オリコン週間アルバムランキングで28年ぶりにトップ10入りを果たした、ガンダム楽曲のカバーアルバム『GUNDAM SONG COVERS』から、「水の星へ愛をこめて」などを歌ってガンダムへの感謝を表した。

トリを務めたT.M.Revolution / 西川貴教は、自身が声優として出演した『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の楽曲「ignited-イグナイテッド-」をはじめ、澤野弘之/SawanoHiroyuki[nZk]とのコラボで「哀 戦士」などのカバーも披露。“感動もいいけど盛り上がるのが一番”と、ラストに自身のライブでも鉄板の「INVOKE」で、ひとつになったガンダムファンの大合唱が会場に鳴り響いた。

『機動戦士ガンダム40周年プロジェクト』は、今後も記念イベントを開催。11月16日(土)に「『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』ピアノコンサート ~Soul of the Iron-Blooded Orphans~」を東京文化会館 大ホールにて開催する。同作の音楽を手がけた横山克による編曲と監修、ピアニストの阪田知樹が演奏する試みによって、ガンダム楽曲の新たな魅力が発見できそうだ。

文:榑林 史章

最終更新:9/9(月) 19:35
チケットぴあ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事