ここから本文です

「Fukushima 50」総理大臣役は佐野史郎、新キャスト37名&特報解禁

9/9(月) 6:00配信

映画ナタリー

福島第一原子力発電所の事故を描く「Fukushima 50」の特報がYouTubeで解禁。あわせて緒形直人、火野正平、平田満、萩原聖人、吉岡里帆、斎藤工、富田靖子、佐野史郎ら37名の新キャストが発表された。

【動画】「Fukushima 50」特報(メディアギャラリー他7件)

門田隆将によるノンフィクション「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」を「沈まぬ太陽」の若松節朗が実写化した本作。“イチエフ”と呼ばれる原発事故の現場に残り、世界中のメディアから“Fukushima 50”とたたえられた名もなき作業員たちの姿が描かれる。佐藤浩市が福島第一原発1・2号機の当直長・伊崎利夫、渡辺謙が福島第一原発所長の吉田昌郎を演じるのは既報の通り。また吉岡秀隆、安田成美の出演も発表されている。

このたび緊急時対策室で原子炉建屋の電源復旧に尽力する発電班長・野尻庄一に緒形、中央制御室の最年長ながら危険な任務に就く管理グループ当直長・大森久夫に火野、休日であったが地震発生直後にイチエフに駆け付ける第2班当直長・平山茂に平田、見回りの最中に迫りくる大津波を目の当たりにする第2班当直副長・井川和夫に萩原が扮することが明らかに。

また、連絡が途絶えた父の身を案ずる伊崎の一人娘・遥香を吉岡、会津若松にいる遥香の恋人・滝沢大を斎藤、伊崎の妻・智子を富田が演じる。そして佐野が、官邸内の危機管理センターで陣頭指揮を執っていたが突如自らイチエフへ向かう内閣総理大臣役に起用された。

そのほか堀部圭亮、小倉久寛、石井正則、和田正人、三浦誠己、須田邦裕、金井勇太、増田修一朗、堀井新太、邱太郎、池田努、田口トモロヲ、皆川猿時、小野了、天野義久、金山一彦、金田明夫、阿南健治、伊藤正之、小市慢太郎、矢島健一、段田安則、篠井英介、前川泰之、津嘉山正種、中村ゆり、ダンカン、泉谷しげる、ダニエル・カールがキャストに名を連ねている。

「Fukushima 50」は2020年3月より全国ロードショー。



(c)2020『Fukushima 50』製作委員会

最終更新:9/9(月) 6:00
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事