ここから本文です

次期iPhoneのロゴは逆無線充電の目印?

9/9(月) 14:01配信

ギズモード・ジャパン

そんな使い方があったとは。

間もなく発表される次期iPhoneでは、背面のAppleロゴの位置が下るとの報告がいくつかあります。そして最新情報が正しければ、このロゴはリバースワイヤレス充電機器の置き場所の目安なのかもしれません。

まず、BloombergのMark Gurman記者は、Appleロゴの位置変更を伝えています。一方で、次期iPhoneではApple WatchやAirPodsのケースへと充電できる機能の搭載が期待されており、このAppleロゴの上にデバイスを置けば、ずれずに適切に充電できる…というわけですね。

このようなリバースワイヤレス充電機能は、すでにいくつものAndroidスマートフォンに搭載されています。そして周辺機器だけでなく、友達のスマートフォンを充電してあげる…といった使い方ができるのです。

報道ではその他にも、次期iPhoneにより強固なガラスが採用され、防水性が高まり、「次期iPhone」にはグリーンの新色が登場することを伝えています。そうそう、次期Apple Watchでの変更点は少なく、セラミックやチタンのケースが登場するのが見どころ…らしいですよ?

ちなみに、記事の画像は著名リークアカウントのGen Geskinが制作した、次期iPhoneの予測レンダリング画像です。この画像を見ていると、真ん中に移動したロゴも悪くない気がしますね。

Source: Bloomberg via MacRumors

塚本直樹

最終更新:9/10(火) 14:11
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事