ここから本文です

【仏・ムーランドロンシャン賞】ムーア騎手騎乗のサーカスマキシマスがG1・2勝目!/海外競馬レース結果

9/9(月) 19:11配信

netkeiba.com

 8日にフランスのパリロンシャン競馬場で行われたムーランドロンシャン賞(G1・3歳上牡牝・芝1600m・10頭)は、好位で進めたR.ムーア騎手騎乗のサーカスマキシマス(牡3、愛・A.オブライエン厩舎)が直線で内から抜け出し、最後は人気のローマナイズド(牡4、愛・K.コンドン厩舎)との叩き合いをハナ差制して優勝した。勝ちタイムは1分36秒54(稍重)。

 1馬身差の3着にはラインオブデューティ(牡3、英・C.アップルビー厩舎)が入った。愛2000ギニー覇者フェニックスオブスペイン(牡、英・C.ヒルズ厩舎厩舎)は5着となった。

 勝ったサーカスマキシマスは父Galileo、母Duntle、その父Danehill Dancerという血統。今年のセントジェームズパレスS(G1)を制しており、これでG1は2勝目となった。

最終更新:9/9(月) 19:18
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事