ここから本文です

文在寅大統領、曺国氏を法相に任命 妻への捜査続く中で強行 世論反発必至

9/9(月) 12:21配信

毎日新聞

 韓国・青瓦台(大統領府)は9日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が曺国(チョ・グク)青瓦台前民情首席秘書官を法相に任命し、同日午後2時に任命状を授与すると発表した。

 娘の不正入学疑惑に絡み、ソウル中央地検特捜部は曺氏の妻を私文書偽造の罪で6日に在宅起訴したため、法相に適格か論議を呼んでいた。検察当局が親族への捜査を続ける中で、検察改革を担う法相が任命されるのは初めて。任命強行を受け、世論が反発するのは必至で、今後の政局運営に大きな影響を与えそうだ。

 曺氏の任命を巡っては6日、国会人事聴聞会で14時間にわたり疑惑が追及された。妻の在宅起訴後も与党の共に民主党が任命は適切との判断を崩さなかったことから、文政権は検察当局との葛藤を覚悟で、正面突破を図ったものとみられる。 【ソウル堀山明子】

最終更新:9/9(月) 12:24
毎日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事