ここから本文です

当面は出張控えつつ…中西経団連会長が療養から復帰

9/9(月) 20:16配信

朝日新聞デジタル

 経団連の中西宏明会長(日立製作所会長)が9日、本格的な職務を3カ月半ぶりに再開した。不在のあいだの空白を埋めることに意欲をみせた。リンパ腫の治療は当面続くため、活動は体調を見ながら進めるという。

【写真】職務を本格的に再開した経団連の中西宏明会長=東京・大手町

 この日は、東京・大手町の経団連会館で開かれた会長・副会長会議や経営労働政策特別委員会に出席。来春の春闘方針をめぐる議論では「働きがいのある雇用をつくり出したい」と述べた。

 その後の記者会見では「いきなりフル回転とはいかないが、世界情勢は不安定で、やらなければいけないことがいっぱいある」と話した。

 原発の再稼働や送電網の拡充をめざして、政府への働きかけに力を注ぐ。AI(人工知能)の開発やビッグデータの活用策でも議論を引っ張る構えだ。

朝日新聞社

最終更新:9/9(月) 21:37
朝日新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事