ここから本文です

N国・立花党首が会見、脅迫容疑で任意聴取「議員を直ちに辞めることはしません」「有罪なら…」

9/9(月) 17:20配信

スポニチアネックス

 NHKから国民を守る党の立花孝志党首(52)が9日、国会内で緊急記者会見を開いた。同日、警視庁月島署から脅迫容疑で任意の事情聴取を受けたと報告。「議員をただちに辞めることはしないが、有罪になったら辞めないといけないと思う」とコメントした。

【写真】5日、「青汁王子」三崎優太被告と会見した立花党首

 立花氏は11時30分すぎに自身のYouTubeチャンネルで「私、参議院議員・立花孝志の出処進退について、大きな議案が新たに発生している」といい、「マツコ・デラックスさんやTOKYO MXさんに関することではない」と説明していた。

 警視庁はこの日、東京都中央区議に言及した動画を巡り、立花氏から任意で事情聴取した。立花氏はこの日の会見で「今朝10時18分に着信があり、留守電を聞いたら警視庁月島署から連絡があった。脅迫のことで話が聞きたいということだった」といい、「脅迫ととられてもしょうがない投稿だったのは事実だったので、出頭した。被疑者としての取り調べを受けてきた」と報告した。

 「この件で議員を今ただちに辞めることはしません」と話したが、「明後日も任意で出頭して事情聴取を受ける予定。僕としては問題ないと思う案件。一般人に対する批判ではなく議員と議員の話。だが、有罪になったら辞めないといけないと思う」と語った。

最終更新:9/9(月) 18:50
スポニチアネックス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事